納骨堂・合葬墓 他

納骨堂

「納骨堂」は、他人の委託を受けて焼骨を収蔵する為に、都道府県知事の許可を受けた施設のことです。
昨今、墓地の不足・家族の形態の変化による墓地を継承する方の減少により、注目されるようになりました。
遺骨を「納骨堂」という建物の中に納める、言わばお墓のマンションとも言えるものです。
「墓埋法」では、"納骨堂とは、他人の委託を受け焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設" と定めています。 一般的に、お墓を購入する場合は永代使用権、墓石などの高額な費用がかかりますが、納骨堂は使用料・管理料等のみのため比較的費用は低額になります。
ただし、お墓は永久に使用することができますが、納骨堂は使用期間が設定されており、期限が来ると再度契約し料金を支払う必要があります。

合葬墓

「お墓は、家族のみが眠るもの」という概念をはずし、遺骨を共同で祀る形のお墓のことです。
納骨の方法・施設・合祀するまでの期間など様々な違いがあります。
納骨の方法には、はじめから合祀する他に、はじめは骨壷単位で収納し一定期間後に合祀するケース等、色々なケースがあります。また、施設には、ロッカー形式・仏壇形式などがあります。費用も当然変わってきますので、必ず現地をご自分の目で確認して納得行くまで説明を受けて下さい。

永代供養墓

お墓を継承する人が いなくなったとしても、寺院や墓地管理者が責任を持って永代にわたってその遺骨を管理してご供養をするお墓のことです。寺院や墓地によって納骨の方法、ご供養の方法や期間、管理の方法、費用などは様々ですので、お求めの際は良く内容を確かめる必要があります。


前のページに戻る TOPに戻る
霊園・お墓の須藤石材 札幌