お墓の引越しの事例

既存のお墓にかかる費用と依頼先

発生する費用 依頼先(支払い先)
工事
特記詳細
お墓の撤去 地元の石材店(一般に既存のお墓のある地域の石材店に依頼)
*寺院・霊園によっては石材店が指定されていることが多いため。
石塔の運搬
(石塔を運搬する場合のみ)
地元の石材店または引越し先の石材店に依頼
墓地 地元の石材店(墓地管理者の指示に従い、更地に戻します。)
特記墓地を返還しても支払ってある永代使用料は返金されません。
宗教儀式 閉眼式(魂抜き) 菩提寺の住職など(費用は宗教や地域性によって変わります)
その他 改葬許可申請 地元の役場

引越し先(改葬先)でかかる費用と依頼先

発生する費用 依頼先(支払い先)
工事
特記詳細
外柵+納骨棺+石塔据付 引越し先の石材店
墓地 永代使用料

引越し先の墓地管理者

宗教儀式 開眼式(魂入れ) 菩提寺の住職など(費用は宗教や地域性によって変わります)
その他 事務手数料 引越し先の墓地管理者

特記工事詳細(石塔を引越しするために必要な費用)
墓所
面積
1.既存のお墓(引越す前のお墓)
にかかる工事費用
※地方:共同墓地一般墓所の場合
(外柵などの解体工事費+処分費)
2.引越し先(改葬先)でかかる工事費用

※東京都:某大型公園墓地一般墓所の場合
(外柵+納骨棺+石塔据付費)
合計
3㎡ 250,000 1,978,000~ 2,228,000~
4㎡ 300,000 2,259,000~ 2,559,000~
5㎡ 350,000 2,481,000~ 2,831,000~
備考 ※引越し先の霊園までの運送費 別途 ※永代使用料 別途  

「お墓の引越し」と聞いたときに、「石塔」も引越しするとイメージされる方は多いのではないでしょうか?
ここでは、地方から東京都の某大型公園墓地に遺骨だけでなく、「石塔」も運び、据え付ける場合、費用はどのくらいかかるかを中心に解説致します。また、上記のページも合わせてご参考になさってください。
参照ページ:お墓の引越し方法 お墓の引越し手順

既存のお墓と運送にかかる費用

既存のお墓「お墓を引越す」といった場合、「石塔」の他、外柵から納骨棺まで全部を移すとお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際に移動できるのは、「石塔」のみです。
なぜなら、外柵や納骨棺はその墓地に付随して設置されているため、傷をつけずに解体するのが難しく、かつ引越しする先の墓地の形状にぴったりとおさまるということは考えにくいからです。
ですので、既存の墓地(引越す前の墓地)から「石塔」を取り外したら、それ以外のものは撤去・更地にし返還します。

上記の表 特記工事詳細の「1.既存のお墓(引越す前のお墓)にかかる費用」に、外柵などの解体工事費・処分費等の費用をあげましたが、地域の霊園・寺院によっては石材店が指定されていることがあるため、費用が大きく変わる場合がありますので確認が必要です。
また、引越し先までの石塔の運送費用なども運送業者や運送距離・石塔の大きさ等によって変わるので、考慮しておかなくてはいけません。

引越し先(改葬先)でかかる費用

引越し先の石碑今回は、「石塔」を引越す前の墓地から持ち込むことが前提ですが、すべての霊園・寺院がそれを許可しているわけではないことを知っておきましょう。遺骨の納骨は問題なくても、「石塔」の持込みまでは認めていないところは少なくありません。
「石塔」の持ち込みが前提で墓地をお探しの場合は、信頼のおける石材店にご相談されるのが近道です。
また購入に際しては、墓地の寸法・形状に気をつけましょう。「石塔」はそのまま単純に据え付けるのではなく、納骨棺との兼ね合いや、区画によっては外柵などが義務づけられている場合もあります。必ず、墓石工事を依頼する石材店にご相談ください。

上記の表 特記工事詳細 の「2.引越し先(改葬先)でかかる工事費用」は、東京都にある某大型公園墓地で、「石塔」を設置した場合の工事金額をまとめたもので、外柵・納骨棺・石塔据付費の費用の総額を記しています。(「石塔」の大きさ・形状により異る場合がありますので大よその目安として下さい。)


前のページに戻る TOPに戻る
霊園・お墓の須藤石材 札幌